中国のダイエットティー便秘茶について

中国製品だから危ない?

アマゾンで販売されているダイエット茶があります
現在のベスト・セラーの中国のダイエット茶は、「極度の肥満の方が飲むダイエット茶」です。
では、どのような成分で構成されているのか?
センナと呼ばれるハーブを含んでいます。
センナとは刺激的な緩下剤です。
センナといっても、体に有効な働きも持てば、害にもなります
医学的について記述すると「それらは、より低い胃腸エリアのリバースサイドを刺激によって働きかけます。
その結果発生する水分は腸からの便を押し出すために作用します。
それらは、実行し、かついつもより副作用を見逃すためにより多くの水が腸の内容物の中で維持されるかもしれないという点でさらに単純です
結果としては、センナに依存し、柔軟な便を作ります
中国のダイエット茶の秘密はセンナです。
大きく分類すれば、2つのタイプの中国のダイエットティーがあります。
1つはチャノキ、カメリアから作られます-緑茶、紅茶などです
他方はある種類の刺激的な緩下剤を組込むハーブの種類です。

FDAという組織を知っていますか?
FDAとはアメリカ食品医薬品局の略です
FDAでは「一般に安全な」ものとして、この茶は分類されます
緑茶と紅茶の両方は、身体が休息中の場合にさえより多くのカロリーを燃焼するのをサポートする
新陳代謝を上げるのを支援するカフェインを含んでいるとしています
緑茶は、さらにエネルギー水準を増加させて、かつ脂肪を燃焼させるの成分を含んでいます。
だから決して便秘茶が悪い
ダイエットティーが悪いということではありません
度を過ぎた服用
飲みすぎが危ないと警鐘をしているわけです

ページのトップへ戻る